便利屋開業したとき、営業はどうすればいいの?

 

こんにちは。
便利屋開業プロデューサーの網中(アミナカ)です。
さて、今日は「便利屋の営業」についてお話します。

 

便利屋のお仕事といえば
生活の中で「困った!」ときに
呼ばれることが多いです。

 

便利屋というのは、必要な時に
「今すぐ来て欲しい!」存在です。

 

逆に必要ないときは
「不要な存在」となります。

 

だから、便利屋の売り込み営業は非効率と言われております。

 

というのは、今までの便利屋

 

便利屋は、地域密着型ビジネスです。
日頃から、ご近所へあいさつ回り、
お客様と近い存在になることが、
便利屋をやる上で、必要になります。

 

便利屋は、いかに地域に貢献できるか!

地域貢献活動として、私のオススメは
『ホウキ』と『チリトリ』を持って
ご近所回りします。

 

14

 

 

 

 

 

 

 

 

 

営業しながら、汚れたところを、
ササッとホウキでお掃除しながら、
町を巡回するのです。

 

人を見かけたら、
こんにちは、今日も暑いですね」と言って、

気になったところチャチャチャと軽く
掃いてあげればお客様は非常に喜びます。

 

もちろん無料(サービス)ですよ!

 

他社の便利屋がやらないこと
あなたがやってあげるだけで
お客様のハートをガッチリ
つかむのです。

 

玄関先を掃くのって、1分も
かからない程度の作業ですよね!

 

そんな簡単な作業でも、
普段、そんな親切なこと
誰にも、されていないから、
お客様は感動するのです。

 

また、日頃からお客様と
接することで、お客様の
ちょっとした変化に気付き
それを言ってあげると
お客様は非常に喜びます。

 

たとえば
髪型変えましたね!似合ってますよ」って感じで。

 

人って「自分の事、見てくれてる~
となると、誰だって、うれしいです。

 

女性は、ちょっとした変化に気づくから有利です。
男性はちょっと苦手かもしれませんね(笑)。

 

また近所にあるお寺や神社
お掃除してあげましょう。

 

日頃の感謝や御礼をかねて
お掃除すれば、きっと良いことが
おきますよ。

 

最後に、

私と一緒に便利屋業で稼いで、社会貢献しましょう!

以上、便利屋開業プロデューサーの網中(アミナカ)でした。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください