便利屋開業 女性は便利屋家業に向いている理由

 

こんにちは。
便利屋開業プロデューサーの網中(アミナカ)です。

さて、今日のお話は「女性は便利屋家業に向いている理由」についてお話します。

 

なぜ女性が向いているのか?

  • 打たれ強い
  • 社会的責任感が強い
  • 人が好き
  • 女性の気持ちがわかる
  • 切り返しが早い
  • お金をもらうのに抵抗がない

 

それでは、
一つずつ説明していきましょう。
=============

打たれ強い

=============
便利屋をやっていると
「良い」こともあれば
「悪い」こともたくさん。
人に言われたことを
いちいち気にしてたら
商売はやっていられません。

 

とくに女性は、男性より生物学的に
打たれ強さ」を持っていると
言われております。

 

それは、女性の場合、出産の痛みに
耐えられるカラダ、
家事や育児など仕事以外の役割もあり
多様な価値観を持つ変化への対応力
あり、めげずに取り組めます。
=============

社会的責任感が強い

=============
やはり、独立して起業家として、
自分の仕事に責任感を持てる人。
とくに女性は社会的責任を当然のもの
として、考える傾向にあります。

 

例をあげると、女性起業家の場合
売上が減ったからと言って
従業員の福利厚生を削ったり、
リストラしたりという手段は
最後までとらない。

 

そして、お客様には
満足して頂くため、妥協せず
追及していく姿勢。

 

社員を大事」にし「お客様も大事
にするのが女性起業家。

 

手にした富を、社会変革や
慈善活動に用いるのも女性が多い。

 

便利屋女性

 

 

 

 

 

 

 

=============

人が好きな人

=============
自分以外の人に関心を持てる人
お客様が何に困っていて
何に悩んでいるのか?
相手に関心・興味がなければ、
真意は絶対にわかりません。

 

また、人の話をよく聴く人

 

お客様は、あなたの話なんて
全く興味はありません。

 

お客様は、あなたに
日頃の不平不満や最近覚えたこと
自慢話など、お話したいのです。

 

自分こと話したくて、話したくて
ウズウズしています。

 

お客様の話に、真剣に耳を傾け
そこから、悩みは困っている
ことに気が付き、解決する
ことができる人が必要です。

 

 

=============

女性の気持ちがわかる

=============
お客様になる人の約8割は女性となります。

 

女性は日常生活の当事者として家事や
育児・介護を担っていることが多く

 

男性よりも問題を実際に感じ、
自分のこととして解決したいと思う
共感能力に優れています。

 

 

=============

切り返しが早い

=============
男性と違って、女性は失敗を恐れず
例え失敗しても「まあ、いいか!」
「次にいこう!」と考え、いい意味で
「切り返しが早く」次に進むことが
できる。

 

例えば、失恋した場合、
男性はいつまでも、想い
未練がましい人が多いですが

 

女性は、おもいっきり泣いて、
次の日には、ケロっとしてたりと
気持ちの切り返しする事が
とてもうまいく、嫌なことは
すぐ忘れ、次に進むことができます。

 

 

=============

お金をもらうのに抵抗がない人

=============
日本人は「人からもらう」ことに対し
抵抗がある人が多い。

 

こと、お金に関しては、強く抵抗を
感じる人が多いようです。

 

男性の場合、
自分の能力以上にお金をもらうことに
抵抗がある人が多く

 

女性は、
自分の能力以上にもらっても、
自分を高く評価してくれたことに満足
するので、お金をもらうことに対して
抵抗が少ない傾向にあります。

 

 

ここで注意!!

女性にもいくつか弱点はあります。

 

それは、女性は自分の夢や理想を
追いかけてしまい事業の詰めが甘い
ことが多い。

 

女性が便利屋として起業するためには
何が足りていなくて、何が強みなのか
ということを冷静に分析し、事業計画
を立てる必要があります。

 

女性は感性が高く、持続力もあるで、
しっかり事業計画を立てて独立起業
すれば必ず成功できます。

 

私と一緒に便利屋業で稼いで、社会貢献しましょう!

以上、便利屋開業プロデューサーの網中(アミナカ)でした。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください