成功者がやっているモチベーション(やる気)が下がったとき、簡単に上げる方法

 

人間ですから、
調子が良いときと
調子が悪いときがあります。

 

どうしてもやる気が起きない・・・

でも今日中に何とかしないと・・・

 

と思ったとき、どうやって
モチベーション(やる気)を上げていくか?

 

モチベーションを上げる方法って
実は、簡単なんですよ!

 

それをやれば、誰だって簡単に
モチベーションがグンと上がってしまいます。

 

私は、モチベーションが下がったとき
いつも、このようにやって乗り切ってきました。

 

知りたくないですか?

 

それでは、特別に
私の尊敬する先生から教えて頂いた
モチベーション(やる気)を上げる
方法を教えますね。

 

 

まずは、頭の中でイメージしてみてください。

 

あなたの目の前には、
直径3メートルの、かなり重そうな
「鉄球」があるとします。

 

その「鉄球」を片手で押しても、
全くビクともしません。

 

次に両手で押しても、同じく
全くビクともしません。

 

かなり重い「鉄球」です。

 

よーーーーーし!

と、あなたは気合い入れて、
渾身の力を込めて「鉄球」を
押し続けたところ、なんと!
ホンの少しですが、動き始めました!!

 

そうしたら、どうでしょう!

 

面白いことに、
一度、転がりはじめた鉄球は、
軽くなって、わずかなチカラでも
ゴロゴロの周りはじめ、簡単に
動かし続けらるようになったのです。

 

気が付きましたか?

 

そうです!
「やる気」も、この鉄球と同じで
最初に動き出すのは、非常に大変ですが
少しでも動き始めると、その後の行動は
スイスイと簡単にできます。

 

私たちが何かをやりはじめる前に、
やる気が起こらないのは、実は
脳の神経伝達物質である『アセチルコリン』
通称「やる気物質」が深く関係しています。

 

やる気物質『アセチルコリン』
少しだけ行動しはじめると脳から
ドンドン分泌し始めます。

 

例えば、こんな経験ありませんか?

 

ーーーーーーーーーーーー

久々の、のんびりできる休日。

 

今日は「部屋の掃除」と「洗濯」とやろうと、
決めていたが、朝目覚めたら途端
テレビのスイッチを入れ、布団の中で見はじめ
気合いれて起きてみたら、今度はスマホで
Facebookやツイッターをのぞいてみたりと、
ダラダラしてしまい、気が付けばお昼の12時。

 

イヤイヤながらも、掃除を始めると
いつの間にか、ハマってしまい、
2時間も掃除し続けた。

ーーーーーーーーーーーー

 

おそらく、あなたも同じような
経験がきっとあるのでは?

 

大切なのは、
「まず1分やってみよう」
と考え、行動すること。

 

1分やってみれば、
『アセチルコリン』が分泌しはじめ、
「やる気スイッチ」が入ります。

 

仕事も、勉強も、ジョギングも同じですが、
1時間も2時間も、やり続けようとすると
なかなか行動に移せないものです

 

だから「まず1分やってみる」それだけ。

 

重い鉄球と同じく、
最初はかなり、しんどいですが
一度転がりはじめれば、後は
簡単にスイスイ進みますから。

 

この方法で、モチベーションを上げ
みんなより一歩も二歩も成長しましょう!

 

最後に、

私と一緒に便利屋業で稼いで、社会貢献しましょう!

以上、便利屋開業プロデューサーの網中(アミナカ)でした。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です