便利屋集客 男性と女性の違いを理解するとビジネスの幅が広がる

 

こんにちは。
便利屋開業プロデューサーの網中(アミナカ)です。

 

さて、本日は『男性女性の考え方・モノの見方の違いについて』お話します。

 

前回は「男性脳女性脳の違いについて」
脳の構造、仕組み、本能など、脳科学的な
違いについて、ご説明しました。

 

今回は具体的に、男性と女性の
考え方』や『モノの見方、捉え方
違いについて、それをどうやって
ビジネスで利用できるのか?について
ご説明させて頂きます。

 

男性女性は、カラダも違いますが
脳の構造も、全く異なります。

 

 

たとえば、映画を観るとき
男性は。『客観的』に映画を観ています。

 

自分が監督や作り手になったように
映画を映画として観ているのです。

 

だから、スパイダーマンやダイハードなど
現実にありえない映画が好きです。

 

 

女性は映画を観てるときはどうでしょう。
女性は映画を観るとき『主観的』に観ています。

 

映画の主人公と同じ目線で観ているから
非現実的な映画は好みません。

 

このように、映画一つでも
こんなに違いが出ます。

 

男性女性の『思考』も全く違います。

 

 

男性は『論理的』に対し
女性は『直感的』です。

 

それでは、これらの違いをビジネスに
活用するにはどうすればいいのか?

 

たとえば、サプリメントを購入する際
男性はどこを見ると思います?

 

男性の多くは、サプリメントの
効果』や『成分』など”数値”や”データ”を元に
他社と比較したり、または自分の過去の経験や知識
と比較しながら、選択します。

 

効果、成分量、コストを重要視する傾向にあります。

いわゆる論理的思考です。

男性は論理的思考

 

 

 

 

 

 

 

 

それでは、女性はどこを見るのでしょうか?

 

女性は、人やモノを見たり、感じたりしながら
商品を選択する傾向にあります。
たとえば、ダイエット系なら
利用者の「ビフォー・アフター」の
写真を見て比較したり。

 

または写真に写っている女性(モデル)を見て
こんな人になれるかも」とイメージと共感し
商品を選択したり。

 

直感的思考です。

女性は直感的思考

 

 

 

 

 

 

 

 

女性の場合、直感で好き・嫌いを
判断しますので商品も人間も
”第一印象”がとても重要
なってくるのです。

 

また、女性の場合
みんなが美味しいと評判の
 イタリアンのお店」といっても
お店が不潔だったら、絶対に
行きませんよね(笑)

 

 

男性の場合はどうでしょう。

あの店、すげー〇〇がうまいんだよ!!
と言われると、多少お店が汚くても気にせず
入りますよね。

 

 

このように、男性と女性の
考え方』『見方』『捉え方』が
異なる部分が多いのです。

 

マーケティングも男性脳と女性脳の
特性を生かした手法を多く取り入れています。

 

男性の場合『論理的』に、内容や成分を
具体的に数字で表したり、グラフや表を使って
説明したりすると、興味を持ちます。

 

女性の場合『直感的』に、人や風景や
感覚(視覚、聴覚、触覚)をイメージで
表現することで、興味を持ちます。

女性に論理的に数値やデータに基づいて
説明しても響きません。

男性に直感的に抽象的なイメージで
説明しても響きません

 

このように、

男性なら『論理的』に!
女性なら『直感的』に!

説明することが、
お客様にとっても都合がよく
理解が深まるのです。

 

このように、男性脳女性脳”特性”
理解できるようになると、ビジネスの
幅も広がるし、仕事がもっと楽しくなりますよ♪

 

最後に、

私と一緒に便利屋業で稼いで、社会貢献しましょう!

以上、便利屋開業プロデューサーの網中(アミナカ)でした。

 

 

<<関連記事>>
便利屋心理学 男性脳と女性脳の違いについて

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です