便利屋のマネジメントについて【ディズニーから学ぶ パート①】

 

こんにちは。
便利屋開業プロデューサーの網中(アミナカ)です。
今日は『マネジメント』についてお話します。

 

一人で便利屋をやっているときは
マネジメント能力はさほど必要ありませんが
人を雇用するとなると、話は変わります。

 

人を雇用するにあたり、
マネジメントのやり方によって
・仕事を効率、
・人材力の活かし方、
・従業員の成長度、
が全く違ってしまいます。

 

人材は『宝』です。
あなたの会社を、活かすも、殺すも

あなたの『マネジメント能力』一つで
決まってしまうのです。

 

マネジメント能力』に長けている
優秀な会社はたくさんありますが
その中で特にピカイチな企業といえば
東京ディズニーランド』でしょう。

 

元ディスニーランドで働いていた
経験のあるセミナー講師に、
東京ディズニーランドのマネジメントについて、
教えてもらったのでシェアしますね。

 

彼は、東京ディズニーランドの開業と同時に、
入社した経験の持ち主です。

 

開業当時は、とにかく大変だった東京ディズニーランドの人事

今では信じられませんが、
東京ディズニーランドの開業当時は
『キャスト(アルバイト)募集』しても、
数名しか応募がなく、まったく人気がありませんでした。

 

場所も遠いし、サービス業だし、外の仕事が多いし
とにかく、全く人気がなかった・・・

 

そのため、応募者=即採用 だったようです。

 

でも、採用しても、すぐに辞めてしまう人も多く
万年人手不足が何年も・・・。

 

今や、東京ディズニーランドといえば超人気の職業。
キャスト募集すると、全国から応募が殺到し
推定では、5万人の応募者が集まります。

 

ディズニーキャスト

 

 

 

 

 

 

 

現在の応募者は「東京ディズニーランドで働きたい!
という気持ちも強く、志も、ものすごく高いですが

 

東京ディズニーランドの、当時の応募者といえば
別に採用してくれるなら、働いてやってもいいよ。」

的な、今とは全くの正反対で、
採用される側(キャスト側)が神様でした。

 

だから、志も、サービス精神も、へったくれもなく
ただのバイト代(お金)が目的だったので
社員教育が、とにかく大変だったようです。

 

東京ディズニーランドは、そんなやる気がない社員を、
どうやって
自分で考え、行動できる優秀な社員
とマネジメント、社員教育していったのか?

 

それには「人をやる気にさせえる3つの方法」がありました。
次回、この「3つの方法」について、詳しく説明しますね。

 

ここから余談ですが、東京ディズニーランドの
人気職種は何だと思います?

 

なんと!一番人気は「掃除係

 

普通の会社では「掃除係」を嫌がる人多いですよね。

 

ディズニーでは全く逆で、掃除係は、お掃除以外に、
お客様の道案内をしたり、写真を撮ってあげたりと
お客様と一番近いところにいる『職種』で、だから
お客様が喜ぶことを率先してやれる職業だからなのです。

 

社員の多くが「お客様に喜んでもらおう!」という気持ちで
仕事に取り組んでいる姿は、やはり東京ディズニーランドの
社員教育、マネジメント能力によるものでしょう。

 

最後に、

私と一緒に便利屋業で稼いで、社会貢献しましょう!

以上、便利屋開業プロデューサーの網中(アミナカ)でした。

 

<関連記事>
便利屋のマネジメントについて【人をやる気にさせる3つの方法】

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です