便利屋サービズ料金が「安い」だからといって、有利とはいえない。

 

あなたは、モノやサービスを選ぶとき
何を基準にして選んでますか?

 

『経営』がうまく行っていない社長ほど
安くて、良いモノなら、確実に売れる!
と勘違いしています。

 

多くの人(お客様)は、本当に価格だけで、
決めているものでしょうか???

 

買い物するときのこと、
思い出してみてください。

 

たとえば『クルマ』を購入しようと思ったとき。

男性の場合「このクルマに乗ったら・・・」
・女性にモテるかもしれない!
・カッコよくみられるかも!
・注目を浴びるかも!

と想像しながら選びませんか?

 

 

たとえば『洋服』を購入しようと思ったとき。

女性の場合「この洋服を着たら・・・」
・同性にオシャレに見られるかも!
・スタイルがよく見えるかも!
・男性からモテるかも!

と想像しながら選びませんか?

 

想像

 

 

 

 

 

 

 

 

このように、多くの人は、必ずしも
安いから買う」といって購入してませんよね。

 

お客様は自分の欲求が満たされるモノやサービスにお金を支払うのです

 

だから、
あの会社に価格で負けた!」は
言い訳に過ぎないのです。

 

確かに、殆ど変らない商品やサービス
なら、値段で選択します。

 

なので、他社にはない、値段以上の
価値(かち)』を提供すれば、
お客様はお金を払います。

 

デパートもそうですよね。

 

ネットで買えば安いのに、わざわざ
交通費を掛けて、デパートにまで行って
ネットより高い価格(お金)を払ってまで
商品を購入するお客様はたくさんいます。

 

価格より、
デパートにしかないない、
デパートでしか味わえない
価値があるから利用するのです。

 

経営がうまくいかなったデバートは、
お客様は安い商品を求めている」と
「価格」にフォーカスしてしまったため、
利益を考えず、多くの赤字をたたき出し
倒産したデパートも数多くあります。

 

経営していると、どうしても『お金』
囚われてしまいがちです。

価値』にフォーカスしてください。

 

お客様の感じる
価値』に焦点を合わせると、
価格競争にあっても絶対負けない
商品やサービスが提供できるはずです。

 

もう一度言います。

 

お客様は『価格(お金)』で
商品やサービスを選んでいません。

 

商品やサービスの先にある
価値(かち)』に対して
お金を支払うのです。

 

最後に、

私と一緒に便利屋業で稼いで、社会貢献しましょう!

以上、便利屋開業プロデューサーの網中(アミナカ)でした。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です