便利屋集客 反応が良い「チラシ広告」種類と価格と作り方とは

 

こんにちは。
便利屋開業プロデューサーの網中(アミナカ)です。

 

今日は「チラシ広告」についてお話しますね。

 

便利屋は、地域密着型の商売。
集客』の一つとして「チラシ広告」があります。

 

「チラシ広告」は、ご自宅のプリンターで印刷
するよりは、印刷専門業者に依頼して印刷したのが
かなりお得なのはご存知でしょうか?

 

あるインターネットチラシ印刷会社では
A4サイズ、片面カラー印刷が、なんと、
1000部印刷して、たったの980円
のところもあります。

 

チラシとは、書いている『内容』や『見せ方』によって、お客様の反応は、大きく差が出ます!

 

お客様のこと、まったく理解しないで
自分よがりの「チラシ広告」を作成してしまうと、
たとえ10万部印刷して配っても、1件も成約しない
という、最悪のケースも、ざらにあり得ます。

不動産や飲食店で、チラシを作成して
近所に配っても「1件も反応がなかった
という話を、よく耳にします。

 

たとえば、下記のような
何の変哲もない商品やサービス
全面に出した広告。

 

便利屋です!
ハウスクリーニング、家事代行、
引っ越し、不用品回収は
私たちにお任せください。
地域No1の安さです!

 

これでは、他の便利屋と同じで
お客様の感情を揺さぶることは
できませんよね。

 

そもそも、お客様は、
感情が動かないと、お金を
払ってまで利用しません。

 

それでは、お客様の感情を揺さぶるチラシ広告とは?

 

それは、人間臭さを全面に出すこと!

イコール、人間の感情を揺さぶる言葉、見せ方をすることです。

 

それにはまず、お客様に
「自分がどんな人間なのか?」
「自分の会社がどんな会社なのか?」
知ってもらう事です。人間関係の構築です。
商品やサービスを売る前に
自分を売る必要があります。

 

たとえば、チラシに

  • 自分の顔写真を入れる
  • スタッフがいるなら、スタッフの写真も入れる
  • 仕事のこだわりや姿勢を入れる
  • お客様の声(反応)を入れる

 

自分を売ることで、お客様に安心感が生まれる

シニア2

 

 

 

 

 

 

 

お客様は、はじめてサービスを受けるとき、
どんな人がくるんだろう」と不安になるもの。

 

だから、少しでもお客様に安心感を
持たせるため、自分を売り込むのです。

 

商品やサービスを売る事ばかり考えていると
商品説明」と「価格の安さ」を全面に出した
チラシ広告となってしまい、お客様には
なんの興味を持たれません

 

お客様は商品やサービスに、心を動かされるのではなく
その先にある『価値』に、心を動かされ購入するのです。

 

チラシ広告について、また機会があれば
詳しく説明しますね。

 

最後に、

私と一緒に便利屋業で稼いで、社会貢献しましょう!

以上、便利屋開業プロデューサーの網中(アミナカ)でした。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です