便利屋で起業するとき、不安に思うこと・・・

 

こんにちは。

便利屋開業プロデューサーの網中(アミナカ)です。

さて、今日は「便利屋で起業するとき不安に思うことは?」についてお話します。

 

いざ起業となると、様々な『不安』があり、
すぐに起業とは、なかなかイケませんよね。

 

今まで会社勤めやパート、アルバイト
の経験しかない人は

いざ起業となると
何をすればいいのか?
私にできるのだろうか?
資金面は大丈夫だろうか?
子供がいても大丈夫だろうか?
生活できるのだろうか?

と不安でいっぱいになります。

 

そこで、起業するとき、
不安に思うことをまとめてみました。
-----------------

4位:家事・育児・介護との両立

-----------------
女性の場合、一番不安に思うところですよね。
この項目に関して、ある調査会社によると
女性と男性では、なんと、4倍の開きが
あったようです。

 

男性の場合、これらを『不安材料』とは
考えていない方が多いようです。

 

女性には、家事・育児・介護が
潜在意識の中で、重く圧し掛かっており、
不安材料の一つとなっています。
男性の皆様も、出来る限り、
理解と協力をしましょうね。

幼児1

 

 

 

 

 

 

 

-----------------

3位:販売先の確保

-----------------
ビジネスするには、お客様がいなと
成り立ちません。

 

今まで会社勤めやパート・アルバイト
の経験しかない人は、当然思います。

 

これもしっかり勉強すれば大丈夫。

 

正しい『知識』と『やり方』さえ
忠実に実行すれば問題ありません。

 

-----------------

2位:資金の確保

-----------------
起業となると、たくさんの資金が
必要なると思いますよね。

 

確かに、飲食店やショップなど、
お店を開業する場合は、莫大な資金
が必要となります。

 

ただし、個人で起業する場合は
リスクを低く、なるべく少ない資金で起業。
やり方は、いくらでもあります。

 

『便利屋』のお仕事は、知識も経験も資金も
最初から必要ないので、個人で始めるには
向いているビジネスと言えるでしょう。

便利屋開業 年収

 

 

 

 

 

 

-----------------

1位:経営に関する知識・経験不足

-----------------
雇われている状態では、経営の知識を
学べても、経験はできません。
これは、実際にやってみないと
わからない部分でもあります。

 

だから、最初から大きくスタートせず、
まず、小さく、やれるところから、やりはじめ、
少しずつ、経験を積んでいくしかありません。

-----------------

 

以上、起業するときに不安と思う4つの事柄でした。

 

この不安材料を『便利屋ビジネス』で
当てはめたとき、どうなるのでしょうか?

 

4位:家事・育児・介護との両立
A:時間のコントロールが可能です。
自分のやれる時間を決めて
行動すればクリアできます。

 

2位:資金の確保
A:数万円でスタートできます。
まずは電話とチラシ代から
スタート可能です。

 

1位:経営に関する知識・ノウハウ不足
3位:販売先の確保
については私どもにお任せください。

  • 集客方法
  • チラシの作り方
  • アイデアの出し方
  • お金を掛けないでやる方法
  • 社員、アルバイトの雇い方
  • カスタマーサービスの方法
  • パートナーシップの作り方
  • お客様をリピーターにする方法
  • 起業家としてのマインド構築

など、しっかりサポートしますので
初心者の方でもご安心ください。

 

最後に、

私と一緒に便利屋業で稼いで、社会貢献しましょう!

以上、便利屋開業プロデューサーの網中(アミナカ)でした。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です