女性が便利屋開業した場合 デメリット(弱点)について

 

こんにちは。
便利屋開業プロデューサーの網中(アミナカ)です。

今日は「もし女性が便利屋を開業した場合のデメリット(弱み)について」お話します。

 

女性と男性を比較した場合、
女性便利屋のデメリット(弱点)
一体、どんな感じなんでしょうか?
-----------------

1.女性は男性より頼りなさを感じる

-----------------
現在の「便利屋」のイメージとして、
引っ越しや部屋の片づけなど力仕事
と思っている人が多く、その点、
男性は有利です。
また男性のお客様の場合、相手が
女性だとナメてかかってくる人もいます。

 

これは、経験や実績を積んでしまえば
頼りなさは、カバーできます。

 

もし経験や実績がなくても、臆せず
私はプロです!」と、堂々と話す
ことで、頼りなさは払拭できます。

 

 

-----------------

2.感情に左右されやすい

-----------------
女性は「感受性」が豊かで、理屈や
論理ではなく、感情に左右されやすい
性質があります。

 

感情に左右されず、仕事は仕事として
割り切って、お客様とお付き合いする
ことが望ましいです。

 

 

-----------------

3.体力がない

-----------------
便利屋の仕事は、オフィスでのんびり
座ってするような仕事でありません。

 

外に出て仕事することが多いため、
体力を使います。

 

ただし、女性は体力を精神力でカバー
するチカラは持っています。

 

逆に男性より、体力があるように
見えるかもしれませんね(笑)

10

 

 

 

 

 

 

-----------------

4.おもいきったアイデアがでない

-----------------
女性は共感能力に優れているため
人と合わせたりするのが得意な反面
思い切った、斬新なアイデアが
出にくいようです。

 

便利屋は、お客様の悩みを解決する
お仕事なので、ときには画期的な
アイデアが必要になります。

 

他の便利屋との差別化するにも
共感能力が邪魔し、差別化よりは、
皆と同じようなことをやって
しいまいがちです。

-----------------

 

 

今回は女性が便利屋として、開業
したときの弱点についてお話
しましたが、弱点も裏を返せば
強みとなります。

 

例えば、
感情に左右されやすい」というのは、
相手の立場となって、考えらえるから、
お客様は「私の悩みをわかってくれた
と非常に喜びます。

 

強みは、強みで、最大限に活かし、
弱みを知って、逆に活かすことで
お客様は惹かれてしまうのです

 

私と一緒に便利屋業で稼いで、社会貢献しましょう!

以上、便利屋開業プロデューサーの網中(アミナカ)でした。

 

<関連記事>
もし女性が便利屋開業した場合 メリット(強み)について

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です