女性が便利屋を開業した場合 メリット(強み)について

 

こんにちは。
便利屋開業プロデューサーの網中(アミナカ)です。

今日は「もし女性が便利屋を開業した場合のメリット(強み)について」お話します。

 

女性ならではの、強みや特徴は
便利屋業にとって、とても有利です

 

女性と男性を比較した場合、
女性便利屋のメリット(強み)とは
一体、どんな感じなんでしょうか?
-----------------

1.女性は男性より好印象である

-----------------
男性の場合、飛び込み営業したとき
9割は、玄関先で門前払い。
私は人当りが良いと言われますが
そんな私でも、飛び込み営業では、
約7割は、話も聞かず断られます。

 

女性の場合、男性と違い、門前払い
される確率は、かなり低くなります。

 

男性だと「ダマされる」「怖い」の
イメージがありますが、

女性だと、ダマされたりする心配は
かなり下がるからでしょう。

 

 

-----------------

2.相手の立場になって考えらえる

-----------------
女性は自分の事のように、共感能力
優れ、相手の気持ちになれます。

 

そのため、お客様は、親近感がわき、
また女性は、細かいところに気配りが
できるため、早い段階で、お客様と
久しい関係になれます。

 

便利屋 お掃除

 

 

 

 

 

 

 

-----------------

3.融通が利く、頼みやすい

-----------------
多くのお客様は女性なので、
相手が男性の場合、やはり気を遣う
ことが多いようです。

 

その点、女性は気軽に頼めて
ちょっとした用事でも融通が
利くと思われています

 

 

-----------------

4.安心感がある

-----------------
女性だと、ダマされたり、脅されたり
押し売りされたりする心配は、
男性より、かなり下がるので、
お客様は安心感を持ちます。

 

 

-----------------

5.お客様はサービスより人間重視

-----------------
男性は、物事を直感的に捉え、論理的
に考えるので、商品やサービスの良さ
をアピールします。

 

女性は違い「価値観」を重視します。
どれだけ、お客様にベストなものを
提供できているか?の付加価値です。

 

あと、アフターサービスとか、
どれだけ親身になって対応して
くれるとか、「ソフト」な部分で
女性は男性より、持っていると
思われています。

-----------------

 

お客様の約8割近くが女性

例を挙げると
家庭内の物を買うときの決定権者は、
例えば家具では94%、自動車が89%
が女性と言われています。

 

決定権を持っている人の8割近くが
女性ということを考えると
女性便利屋は、非常に有利な立場
といえるでしょう。

 

次回はデメリット(弱み)についてお話します。

 

私と一緒に便利屋業で稼いで、社会貢献しましょう!

以上、便利屋開業プロデューサーの網中(アミナカ)でした。

 

<関連記事>
もし女性が便利屋を開業した場合 デメリット(弱点)について

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です