便利屋というビジネスの市場規模について

 

こんにちは。
便利屋開業プロデューサーの網中(アミナカ)です。

さて、今日のお話は「便利屋というビジネスの市場規模」について、お伝えしますね。

 

便利屋の2013年の市場規模は、
なんと約1兆円まで拡大。

 

便利屋の市場規模が1兆円???

 

と言われても、
ピンとこない方もいると思うので、
他の業界と比較してみましょう

 

まず、市場規模の意味について
————————–
市場規模とは
事業分野における市場の大きさ。

その市場で商取引が行われる
見込みの総額。
————————–

簡単に言うと、
その業界でいくらお金が使われてるか、
または、お金が出回っているかです。

 

例えば、コンビニの市場規模約10兆円(2013年度)

さすが、大きいですよね~

 

list

 

 

 

 

 

 

美理容院の市場規模は約2兆円。
健康食品やサプリメントは、約1兆5千億円くらい。

便利屋より少し大きい規模ですね。

 

ついでに、

ネイルサロンは約2200億円

エステサロンは約3500億円

 

このように比較してみると、
便利屋の市場規模」って、結構、大きいですよね。

 

高齢化社会により、ご老人が増えれば増えるほど、
便利屋の市場規模は膨らみ続けます!

 

便利屋高齢者に対応

 

 

 

 

 

 

 

 

便利屋は、これから益々必要とされるビジネスに
確実になっていくでしょう!

 

最後に、

私と一緒に便利屋業で稼いで、社会貢献しましょう!

以上、便利屋開業プロデューサーの網中(アミナカ)でした。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です