便利屋開業で「一歩踏み出す勇気」を持つ方法

 

こんにちは。
便利屋開業プロデューサーの網中(アミナカ)です。

 

私、もう歳だし、今更、起業なんてできないよ・・・

もっと若かったらやれるけど、ちょっとね・・

子供がいるし、家のこともやらないといけないし、無理かな・・・

と、やる前から諦める人がいます。

 

確かに、人生いろいろ、環境もいろいろ
やりたくても、目の前には、高い『壁(カベ)
がありますよね。

 

その『カベ』って、本当に
乗り越えらえないほど
高い『カベ』なんでしょうか?
『カベ』は、結局、自分で作っていませんか?

 

人は、一度も経験していない事に対し
非常に怖がり、不安になります。

 

鉄板の橋』の話って、ご存知ですか?

 

知らない人のためにお話しますね。

 

想像してください。

あなたの目の前に

厚さ:30センチ、
幅 :10メートル、
長さ:5メートル

人が乗ってもビクともしない
『鉄板』があったとします。

 

その頑丈な『鉄板』を、
高さ300メートルほどある
ビルと、ビルの間に架けます。

 

今は、風も、全く吹いておらず、無風状態です。

絶対に折れない『鉄の橋』ですよ。

ただし、高さが300メートルあります。

手すりもなく、ただの鉄の板です。

 

その『鉄板の橋』を端から端まで渡れますか?

 

鉄の橋

 

 

 

 

 

 

 

たぶん、多くの人は怖くて渡れないと思います。

 

それでは、つぎに、その頑丈な『鉄板の橋』を
地面の上に、直接、置きます。

 

端から端まで渡ってください
と言われたら、渡れますか?

 

たぶん、多くの人は簡単に渡れるでしょう。

 

なぜ、高さ300メートル上にある
『鉄板の橋』は、あれほど怖いのに、

地面の上に置いた鉄板の板は、ラクラク
渡ることができる!

 

このように、
他人に「絶対に大丈夫!」と言われても
それが、自分で、わかっていても

人間は、1度も経験したことない事を
やることは、とても「恐怖」を感じます。

 

高さ300メートル上では
たとえ「絶対に折れない鉄板の橋」でも
下に落ちたら死ぬ」という
脳が危険を感じ、恐怖を掻き立てるからです。

 

何をやるにも、あなたの脳が、あなたの行動を邪魔するのです。

 

あなたの『脳』は、とても賢いので
無理しないで、もっとラクしようよ
とつぶやき、堕落させてしまうのです。

 

成功者は違います。

成功している人は、脳の特性を
よく知っているので

何をやっても、私なら上手にできる!

私なら、こんなの簡単にできる!

と自分に言い聞かせ、自分の『脳』をダマします。

 

それが習慣化され、当たり前のように
なってくると、はじめてやることでも
恐怖や不安も少なく、逆に楽しみながら
やって、成功してしまうのです。

 

『固定観念』は、あなたの可能性を
狭めてしまいます。

 

絶対に折れない『鉄板の橋』を
持っているのに、それを信じようとしない。

 

人間は努力次第で、いくらでも変われるのです。やり直せるのです

 

自分に自信を持ってください!!!

 

きっとあなたなら乗り越えれる力は
いくらでもあるからです。

 

最後に、

私と一緒に便利屋業で稼いで、社会貢献しましょう!

以上、便利屋開業プロデューサーの網中(アミナカ)でした。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です