便利屋開業 便利屋と家政婦は何がちがうの?パート②

 

こんにちは。
便利屋開業プロデューサーの網中(アミナカ)です。

 

前回は「高齢者に家政婦の需要が高まっている」についてお話しました。

さて、今回も引き続き「便利屋と家政婦は何がちがうの?パート②」についてお話します。

 

家政婦って『遠い存在』って感じがしますよね。

 

確かに、一昔前までは、
富裕層宅に存在していた人たち。

 

最近の家政婦はどうでしょう?

 

高齢者の増加や、夫婦共働きといった
多様な家族形態が増える現代。

 

家政婦に求められるお仕事
以前とは異なるようです。

 

一昔前は、
掃除、洗濯、食事の支度など
家事全般が主な仕事でした。

しかし、最近の家政婦のお仕事は、
『介護サービス』の需要も高まっており、
たとえば、

  • 身体介護(食事、おむつ交換等)
  • 病院の送迎
  • 薬局へのクスリ受け取り
  • 入浴
  • 話し相手など

対応している家政婦(会社)も増え、
家政婦の利用者も増加しています。

 

以上のとおり、家政婦の主なお仕事とは
家族が出来ない事を、家族の代理となってやる、
『家事代行』が中心となります。

 

便利屋は『家事代行』以外に、幅広く対応が可能!

便利屋のお仕事は、家政婦より
やれる範囲が広く、家事代行以外に、
様々な暮らしのサポートが可能となります。

第一印象

 


 

 

 

 

 

 

便利屋はお客様の人生に係る
大事なお仕事なのです。

 

また、家政婦のサービスは単価が低い分
当然、収入も低くなります。

 

家政婦として働いた場合の平均時給は
1600~1800円/時間

1日5時間で週5日だと

5×1600×5=40,000円/週

月収は平均16~20万円
年収でいえば、約200万円前後。

 

便利屋を開業し、最初は大変ですが
稼げるようになると、収入は
30万~50万円はいくでしょう。

なかには100万円を超える多く人もいます。

 

どうせ同じようなお仕事をするのなら、
便利屋として活動した方が利益は高いといえます。

 

最後に、

私と一緒に便利屋業で稼いで、社会貢献しましょう!

以上、便利屋開業プロデューサーの網中(アミナカ)でした。

 

<関連記事>
便利屋開業 便利屋と家政婦は何がちがうの?パート①

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です