便利屋開業 フランチャイズ(FC)と代理店の違いについて

 

こんにちは。
便利屋開業プロデューサーの網中(アミナカ)です。

 

前回はフランチャイズの仕組みや
フランチャイズ会社について
お話しました。

 

さて、今日のお話は「便利屋開業 フランチャイズ(FC)と代理店の違い」についてお話します。

 

フランチャイズとは、
例えば、事業本部(例:セブンイレブン)
の商標やシステムやノウハウなど
全てのモノが使え、指導・教育まで
してくれます。

 

事業本部がセブンイレブンのように
有名だと、営業がやり易かったり
お客様が勝手に来てくれたりします。

 

また、サポートも充実しており
もし、売上が伸びなかったり、
経営に苦戦してたりすると、
事業本部からプロが派遣され
アドバイスやサポートをします。

 

独自に開業するよりも
成功の確率は高いといえるでしょう。

 

その代わりに
加盟料やロイヤリティが高く
ある程度、資本金(お金)が
ないとできません。

 

それでは、代理店とは、
一体、どんな仕組みでしょうか?

 

フランチャイズのようにガッツリ、
サポートしてくれません

 

事業本部の商標やロゴや商品など
扱えますが、

営業やマーケティングなどの
経営ノウハウや教育は、
教えてもらえません。

 

代理店をやるケースとして多くは
自分でビジネスをやっている人が、
自分のビジネスの一部として
始める場合です。

 

例えば、あなたが
アロマ・マッサージ」店を
経営しているとします。

 

便利屋開業アロマ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

お気に入りのアロマオイルがあって、
それをお客様に販売したいとき、
アロマオイル会社と代理店契約を結びます

 

そうすることで、あなたのお店で
アロマオイルの販売でき
〇〇アロマオイル特約店
の看板も掲げらえます。

 

代理店はフランチャイズと違い
自由度は高く、他の仕事と兼用
することが可能となります。

 

代理店は、加盟料ロイヤリティ
1.「支払わない」ケースと
2.「支払う」ケースの

2つに分かれます。

 

2.支払う」ケースの場合、
フランチャイズよりは安い価格設定。

 

ある程度の資金力さえあれば
デキるビジネス展開です。

 

代理店を採用している業種は
たくさんありますが、
有名なところではいえば

  • 保険会社
  • 旅行会社
  • オフィス機器
  • 携帯電話販売
  • ミネラルウオーター
  • 不動産
  • 太陽光発電

など有名ですよね!

 

もちろん、便利屋業界も代理店を
採用している会社は多数あります。

 

フランチャイズは事業本部と
ガッツリ組んでやるのに対し

代理店は、事業本部に頼らず
独自のスタイルで自ら営業し、
販売していくスタイルとなります。

 

私と一緒に便利屋業で稼いで、社会貢献しましょう!

以上、便利屋開業プロデューサーの網中(アミナカ)でした。

 

<関連記事>
便利屋開業 フランチャイズ(FC)に加盟する その①
便利屋開業 フランチャイズ(FC)に加盟する その②

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です