便利屋開業 これからの時代、女性は旦那様の収入一つだけに頼らないこと

 

こんにちは。
便利屋開業プロデューサーの網中(アミナカ)です。

 

昨日、ある女性起業家の人とお会いしました。
その女性を『Aさん』と仮名しましょう。

 

今日は『Aさん』のお話をさせて頂きます。

Aさんの旦那様は、現在3つの
会社を経営するIT系の社長。

 

Aさんは7年前に、その社長さんと
出会い結婚しました。
Aさんにとって2度目の結婚です。

 

実はAさんには、その前の夫との
間には18歳の子供がいます。

 

その子供は『障害者』であり、Aさんは
離婚後、母親一人で育てていました。

 

今の旦那様は、サラリーマンの
平均年収以上の収入があったので、
Aさんは結婚するとき、正直

これでお金に苦労することはない」と
思ったそうです。

 

結婚後、実際、生活は大きく変わったようです。

 

お金を気にせず、生活ができる!
障害を持った子供の養育費も気にせず
良い治療が受けさせられる!と

 

それから、しばらく、何不自由なく
平穏無事で生活していたところ、
突然、不幸が舞い降りてきました。

 

なんと、旦那様の会社が、国の規制緩和により
仕事が激変し、会社が傾き始めたのです。

 

最初は「大丈夫」と思っていましたが
日々状況は悪化するばかり・・・。

 

旦那様の状況によっては、また
苦しい生活に逆戻りなる!」と思い
障害者の子供もいるので、毎日が不安で
たまらなかったそうです。

 

不安な毎日

 

 

 

 

 

 

 

 

そんなとき、友人から連絡が入り
会って、話を聴いてみると
友人から「一緒に、商売をしませんか?
と、お仕事のお誘いでした。

 

Aさんは、旦那様だけに頼っていては
申し訳ないと想い、旦那様にナイショで
友人と一緒に事業をはじめたのです。

 

すでに、旦那様の貯金も底をつき、
資金もないまま、スタートしました。

 

Aさんは、必死にがんばり、約2年間
かけて、ようやく事業が軌道に乗り
今では、女性起業家として活躍しています。

 

Aさんが、起動に乗り始めたころ、
同じく、旦那様の事業も、起動に乗り始め、
倒産を免れ、今では3つの会社を経営する
までに成長したそうです。

 

Aさんが最後に、私に言いました。
---------
女性も旦那様に頼っている時代は終わった。

私のように、旦那様がIT系の社長で、
月収500万円もらっていようとも、
いつ倒産するか、わからない時代。

 

そんなとき、収入が一つだと、それに
しがみつき、何とかしようとするが
ダメな事を、いくら一生懸命やっても
うまく行きません。

 

だったら、収入が一つが潰れても、
大丈夫なように、収入となるものを
たくさん、持っていたのがこれからの時代、
生き残っていくのに必要な事だと思います

---------

 

私も同意見です。

旦那様がサラリーマンの場合、
多くの人が、収入は一つしかありません。

 

もし、旦那様が倒れたり、リストラに
あったりしたら、その瞬間から
収入は途絶え、苦しい日々となって
しまうのです。

 

たとえ、一つの収入源が「1万円」と
少ない金額でも、そういった収入を
いくつか持つことで、何かあった場合
非常に助かります。

 

毎月、旦那様の収入以外に数万円
入ってきたら、生活はラクになりませんか?

 

女性として、収入源となるものを増やしていきましょう。

 

それでは最後に、

私と一緒に便利屋業で稼いで、社会貢献しましょう!

以上、便利屋開業プロデューサーの網中(アミナカ)でした。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です