便利屋心理学 男性脳と女性脳の違いについて

 

こんにちは。
便利屋開業プロデューサーの網中(アミナカ)です。
さて、今日は「知っていると便利!男性脳と女性脳の違い」についてお話します。

 

男性と女性は、全く違った生物だと考えてください。

そもそも『脳の構造』が違います。

 

女性からすれば、
男性って、なんでこんなことするんだろう??
と女性には、到底、理解できない行動や言動。

また、逆もしかり・・・

 

男脳と女脳の法則」を知ると、
今まで違った観点で男・女を
見ることができます。

 

知ってて損はないでしょう。

 

それではまず、『男性』からご説明します。

男性は原始時代に食糧確保のために
狩り」をするのに向いた体になっています。
ところが実は「体」だけでなく「」および
思考回路」も「狩り」に向いた構造
なっているのです。

 

例えば男性は
———————
・広い原野の遠くの獲物を狙うために、
目は遠くのものを見るようにできており、
近くを見るのが女性に比べて苦手。
左右の視界も女性に比べて狭い

 

・獲物と自分の位置関係を把握するために
空間把握能力が高い。
「獲物を狩る」ために「目標(獲物)」を定めて
「計画」を立てるのが得意な思考回路になっている。
逆に「目標」や「目的」がないと、発揮できる
力が極端に下がる

・脳の思考回路が1つのことに集中しやすいように
できている。そのため、集中力は高いが、
逆に複数のことを同時にすることはできない

・集団で1匹の獲物を追い詰めて狩るために、
 集団で1つの目標を達成することに喜びを
感じる
ような思考回路になっている。
———————

 

一方、女性は 原始時代から「」を守り、
集落のコミュニティの中で生きていくため
「脳」および「思考回路」
やその他の体の
機能になっています。

 

例えば女性は
———————
・外敵に目を光らせるために、
 左右の視野が男性より広い

 

・基本は巣の中にいるので、
目は近くのものがよく見えるようにできている。

 

・脳が「丸いもの」をかわいいと感じるように
できている。これは赤ちゃんの丸い顔をかわいいと
感じることで、育児に積極性を持たせるため。

 

・コミュニティの中で他の人とうまくコミュニケー
ションをとるために脳の中に「言語」を操る部分が
2か所ある(男性は1か所)。
 1日に話せる言葉量は男性の2倍

 

・巣の中で子守り、食事の用意、掃除をしながら、
外敵に常に目を光らせているため、
複数のことを同時進行」できるように
思考回路が作られている。
【記事の内容:北の快適工房より記事を抜粋】
———————

例えば、女性の場合、電話しながら
テレビを見ながら料理ができます。

 

男性の場合、電話したら他の事が
目に耳に入ってこなくなります。

 

クルマを運転中、携帯電話での
事故が多いのは断然「男」です。

 

女性便利屋は、女性の気持ちや行動
を理解できますが、男性のことも
知ったのが、後々良いでしょう。

 

「男脳と女脳の法則」を知ることで、
お客様の接し方やアイデアの出し方
など、いろいろと役立ちます。

 

最後に、

私と一緒に便利屋業で稼いで、社会貢献しましょう!

以上、便利屋開業プロデューサーの網中(アミナカ)でした。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です