便利屋心理学 女性はリピーターになりやすいが、逆にとても厳しい目を持っている!

 

こんにちは。
便利屋開業プロデューサーの網中(アミナカ)です。

 

今日は便利屋として知ってほしい
女性はリピーターしやすいが、
逆にとても厳しい目を持っている!!

についてお話します。

 

女性は、気に行ったお店や
気に入ったサービスは
何度も利用してくれます。

 

でも、注意しなければ
ちょっとした出来事で
利用してくれなくなるんです。

それも一瞬です!

 

女性のあなたなら、もしかして
思い当たる節があるのでは?

 

開店したばかりの飲食店を例にあげると

fami3

 

 

 

 

 

 

-----------------
『イタリアンレストランがオープン!』

外観もおしゃれで、雰囲気もよさそう。

ランチは『1,000円』とちょっと高いけど
今日は、奮発しちゃおう!っと

そして、いざ入店。

店内をパッと見回したところ、
席は7割程度、埋まっていて
そこそこ人が入っている感じ。

 

入口で待っていても、
店員がなかなかやってこない。

 

数分後、ようやく、店員が現れ
何事もなかったように、席まで
案内してくれた。(誤りもしない)

 

席に座り、5分経っても
水も出ないし、メニューすら持ってこない。

 

数分後に、やっと店員が来て
水とメニューを持ってきた。

 

あなたは、すかさず
「1000円のランチをお願いします」

と注文したが、15分経っても、
頼んだランチがやってこない。

 

店内を周りを見渡してみると、
不慣れな店員が多く、明らかに
パニックになっている。

 

そして、30分たったころに
ようやくランチが到着。

 

時間がないので、急いで食べた。

そして、会計へとレジに向かったが。
レジもお客様で溢れている。

こっちは時間がないのに!とイライラ

-----------------

こんなお店では、いくら美味しくても
お店の雰囲気が良くても、台無しですよね。
二度と行きたくない!と思いませんか?

 

これは、はじめて開店したお店に
ありがちな失敗パターン
です。

 

開店作業に気に取られてしまい
社員教育を疎かにしたばかりに
開店時、店員がパニックになり
お店はてんや、わんやで回らない。

 

お客様はイライラし、結果、信用を失います

 

開店ばかりといってもプロなんですから、
お客様には、素人のような振る舞いや、
慌ててた姿を、決して見せてはいけないのです。

 

とくに女性は、男性より、
とっても厳しい目を持っているんです。

 

なので、開業当時は、
不慣れなお仕事については
自分でやらず、最初は専門業者に
依頼しましょう。

 

依頼業者に頼んだときは、ご自分も
作業内容を見て、やり方を学べます。

 

作業内容はもちろんのこと
お客様とのコミュニケーションも
たいへん勉強になります。

こんなふうにお客様とコミュニケーション取っているだ~」とか

こんな感じで営業しているだ~」とか

相手(業者)は、プロです。

 

今まで、何十件、何百件も対応して、
やってきてるので、お客様のと
コミュニケーションや悩みの聞き出し方
など、ホント勉強になります。

 

女性のお客様は厳しいので
不慣れな作業は見せないこと。

 

変に、知ったかぶりせず
自分が話すことより、お客様の話を
徹底的に聴いてあげること。

 

人は真剣に話を聴いてくれる人に対し
好感を持ってくれますし、なにより
うれしいものです。

 

最後に、

私と一緒に便利屋業で稼いで、社会貢献しましょう!

以上、便利屋開業プロデューサーの網中(アミナカ)でした。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です