便利屋が、お客様から一目置かれる人になる「品の良さ編」

 

こんにちは。
便利屋開業プロデューサーの網中(アミナカ)です。

 

今日のお話は、前回の引き続き
便利屋が、お客様から一目置かれる人「品の良さ
についてお話させて頂きます。

 

品がある人は、相手(お客様)から
この人、素敵だな~」と
一目置かれる存在になります。

 

高級料理店や高級ホテルの
店員、サービスの「品の良さ」は
ある意味、当たり前。

 

お客様も『一流のサービス』を
期待しているからこそ、高いお金を
払ってまで、お店に通うのです。

 

それでは、便利屋のお仕事はどうでしょう。

 

便利屋はどちらかと言えば「肉体労働系

 

だから、お客様は元々、私たちに
品の良さ」期待しておりません。

 

この業界では、礼儀作法を適当に
考えている人が多いから、逆に
「品のある行動、立ち振る舞い」を
されると、ものすごく目立ちます。

 

アミナカさん、そんなこといっても、
品の良さを出すのって、難しいですよね!

 

と思われますが、実はそんなに
難しいことはありません。

 

前回もお話した通り、
・ご挨拶の仕方
・ドアの締め方
・一礼の仕方
・話し方

をちょっと意識すれば、簡単に
「品の良さ」を引き出すことがでます。

 

便利屋の品の良さ

 

 

 

 

 

 

たとえば、
お客様にチラシを直接渡すときも
慌てず、お客様の目を見ながら
両手でしっかりチラシをつかみ
ゆっくり一礼しながら

 

失礼します。
私、〇〇と申しまして、このあたりで
お仕事させて頂いておりまして、
皆様にご挨拶に伺っているところです。

 

これからも、皆様のお役に立てるよう
頑張っていきますので、
どうぞよろしくお願いします。
と言って、両手でチラシを渡すと、お客様は
ちょっと、普通の便利屋さんと違うぞ
と一目置いてくれます。

 

礼儀作法は、お客様に対して
最低限のマナーです。

 

最低限のマナーも守れない人が
お客様から信頼されるでしょうか?

 

日頃から「品の良さ」を意識して
行動してみてください。

 

CA(客室乗務員)を参考にすると良いでしょう。

 

そうすることで、他の便利屋(ライバル)より
一歩も、二歩も差をつけることができますよ!

 

最後に、

私と一緒に便利屋業で稼いで、社会貢献しましょう!

以上、便利屋開業プロデューサーの網中(アミナカ)でした。

 

<シリーズ>
便利屋が、お客様から一目置かれる人「挨拶編」

便利屋が、お客様から一目置かれる人「話し方:電話編パート1」

便利屋が、お客様から一目置かれる人「話し方:電話編パート2」

便利屋が、お客様から一目置かれる人「アポイント編」

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です