便利屋が、お客様から一目置かれる人「話し方:電話編パート1」

 

こんにちは。
便利屋開業プロデューサーの網中(アミナカ)です。

 

便利屋は『お客様商売』ですから、
コミュニケーション能力が必要です。

 

コミュニケーション能力とは、
話が上手とか、ベラベラ話せばいいとか
そんなことではありません。

 

今日のお話は、
お客様とのコミュニケーションで
便利屋が、お客様から一目置かれる人
話し方:電話編パート1
についてお話します。

 

便利屋は、お客様からのお問い合わせは
電話からが多いです。

 

電話の場合、顔が見えないため
話し方について、とくに注意
しなければいけません。

 

とくに気をつけなければいけないのが
相手を不愉快にさせないことです。

 

そのためには、
ダラダラ』と応対せず、
ハキハキ』と応対しましょう。

 

相手に顔が見えないからといって
無表情で応対してはいけません。

 

笑顔で応対すれば、自然と
声も明るく、覇気がつきます。

 

気持ち的には「福の神」になった気分で
私が、あなたの悩みをすべて解決します!
の気持ちで、電話応対します。

 

あと、お客様の話を聴くことに集中
自分からは、アドバイス的なものは
必要ありません。

 

とにかく、お客様の話を聴いて
共感してあげてください。

 

相手が、横柄な態度でも
あなたは、ゆったりした気分で
話を聴くことに集中してください。
相手の話9割、自分の話1割の気持ちで
コミュニケーションしてください。
お電話の最初と、最後には必ず
お問い合わせありがとうございます!

本日はお忙しい中、お電話ありがとうございました!

は入れてください。

 

数多くある便利屋の中から
選んで頂いていることに感謝しましょう。

 

電話での対応では、
お客様の話を聴くこと」に集中すること!
それに対して、心から共感してあげること!

 

最後に、

私と一緒に便利屋業で稼いで、社会貢献しましょう!

以上、便利屋開業プロデューサーの網中(アミナカ)でした。

 

<シリーズ>
便利屋開業、お客様から一目置かれる人「挨拶編」

便利屋開業、お客様から一目置かれる人「品の良さ編」

便利屋開業、お客様から一目置かれる人「話し方:電話編パート2」

便利屋開業、お客様から一目置かれる人「アポイント編」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です